薄毛と亜鉛不足

薄毛やハゲの原因とされる亜鉛不足について。わたしたちの毛髪は各種アミノ酸やビタミン・ミネラルによって構成されています。これら栄養素はお肉や野菜等をバランスよく食べていればあまり不足することはありませんが、これらの中でも食生活の偏り、過剰な喫煙・アルコール、睡眠不足、慢性的なストレスなど、乱れた生活習慣のせいで慢性的に不足がちになってしまう栄養素があるのです。それが他でもない亜鉛とたんぱく質なのです。

毛髪の構成成分たんぱく質

薄毛やハゲの原因となるたんぱく質不足。上述したように、わたしたちの頭髪は各種アミノ酸で構成されているといいましたが、このアミノ酸に必要なのがたんぱく質という栄養素なのです。わたしたちが摂取したたんぱく質は体内で分解され、やがて各種アミノ酸となります。この各種アミノ酸をつかって髪の毛はつくられているのですね。しかしこのアミノ酸が不足すれば、十分な髪質を維持できなくなってしまい、やがて薄毛やハゲに悩まされることとなります。そうならないためにも十分なたんぱく質の補給が欠かせないのです。

頭髪環境に欠かせない亜鉛

薄毛やハゲの原因となる亜鉛不足。亜鉛は健やかな頭髪の維持に欠かせない栄養素であるかつ、不足することで薄毛・ハゲの原因となってしまう栄養素でもあるのです。ちなみに亜鉛は男性ほど枯渇しやすいミネラルとなっているので、男性で薄毛やハゲに悩んでいる方ほど亜鉛を摂取しておくべきなのです。亜鉛は髪の毛の材料となるだけでなく、薄毛やハゲを誘発する悪性男性ホルモンといわれる、ジヒドロテストステロンの働きを抑える働きも担っているのです。たんぱく質と併せて亜鉛も十分な摂取を心がけておきましょう。