薄毛の栄養不足

薄毛の栄養不足について。薄毛を引き起こす様々な原因のひとつとしては栄養不足もそのひとつとして挙げられます。わたしたちの頭髪は当然身体の栄養素からつくられているものです。これが不足または枯渇すればどうなるのかは言うまでもありませんね。髪の毛をつくりだす材料がなかれば薄毛はもちろんのことながら、最悪はげとなってしまいます。こうならないためには十分な栄養の補給を心がけるほかありません。

薄毛に必要な栄養素

ではどのような栄養素が枯渇することで薄毛の原因となるのか。頭髪の生育に必要とされる栄養素はたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど様々です。現代人は何かと糖質過剰となっている傾向にありますが、それに対してたんぱく質、ビタミン、ミネラルは何かと不足しがちです。更に身体に無理を強いることでこれら栄養素はいともかんたんに不足してしまいます。特に過剰な飲酒や喫煙が習慣化している人は注意が必要です。

栄養を不足させない心構え

薄毛の原因となる栄養不足。栄養不足を改善するには十分な食事を心がける必要がありますが、それだけでなく栄養素を不足させない心構えが重要となります。例えば過剰な飲酒や喫煙は、身体のあらゆる栄養素を枯渇させる原因とされます。なので飲酒や喫煙が習慣化している人は薄毛となるリスクが圧倒的に高いのです。栄養素をむやみに不足させないためにも、飲酒や喫煙はできるかぎり控えておきたいところです。あとは過剰なストレスを避けることです。ストレスとはいっても精神なものだけでなく、身体的ストレスもです。身体を無理に酷使、睡眠が不足すれば身体がストレスに対抗するため、多くの栄養素がしようされます。これが続けば慢性的な栄養不足となり、薄毛の原因となるわけです。